« 国際収支と為替。。。 | トップページ | TPPに関する私見。。。 »

2010年12月25日 (土)

需要不足の原因は貨幣の貯蓄機能にある?





お金ってどんな役割があるだろう。



一般的には3つの機能があるって言われてるよね。



①交換の媒体としての機能

②価値の尺度としての機能

③価値の貯蔵(貯蓄)手段としての機能



だ。





その昔、お金がなかった頃は、人々は物々交換で必要なものを入手していた。

このときには、富を貯蓄しておく事が難しかったんだね。食べ物なんかはすぐに痛んじゃうしね。



でも、お金ができてからは簡単に富を貯蓄しておく事ができるようになった。

将来に備えて蓄えておく事ができるっていうのは便利だし、安心もできるよね。

これっていいことだ。





さて、現代に話を戻すと、新興国は例外だけど、世界的に需要が不足してきている。

生み出す価値にバランスするだけの需要がないんだね。

なぜだろう?



物々交換の時代には、価値と価値が交換されてすぐに使われたから、需要と供給はほぼバランスしていたはずだ。

でも、現代はここに貯蓄が加わったために、価値と価値の交換がその場で起こらず、将来へと持ち越される事が多くなった。

つまり、誰かが生み出した価値は、他の誰かが生み出した価値と交換されずに、媒体の形のまま残されるようになったんだね。



こうなると、価値と価値との交換(消費)は必然的に減るよね。

そうすると、貯蓄した分だけ需要が減る事になる。





これが需要不足の大本のメカニズムだと思うんだよね~。



人々が安心のために貯蓄に励めば励むほど、需要は不足していくってわけ。





個人の視点で見ると、たしかに貯蓄ってすばらしいことなんだけど、結局はそれが巡り巡って自分の首を締め上げてるんだよね。

使えないほど貯蓄するとか、使わないのに貯めておくとか、そういうのはもってのほか。

貯蓄って、経済を考えると悪なんじゃないかと思うね。





こう考えると、一部の人たちが言ってるように、貯蓄にマイナス金利(手数料)を付けるっていうのは、実は案外、経済にとっていいことなのかもしれない。。。







« 国際収支と為替。。。 | トップページ | TPPに関する私見。。。 »

★バックナンバーすべて★」カテゴリの記事

☆経済・社会・政治のはなし☆」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウィジェット

  • twitter
無料ブログはココログ