« 大学進学の目的とは? | トップページ | 身近な幸せを大切にしましょう♪ »

2011年5月 3日 (火)

脱原発路線。理解はできる。。。





命のリスクを考えたとき、トータルでは原発のリスクは他の発電方法よりも低いんだけど、リスクの種類が他とちょっと違う(他のリスクは大きいけど縁遠く原発のリスクは大きくないけど身近)から、多数決だと『ちょっとのリスクでも自分に降りかかるのはイヤだから、たとえ大きなリスクでも一部の遠くの人にお願いしたい』というのがコンセンサスになるのはある意味当然の結果のようにも思う。


だからその意味では、ドイツのように『うちの国はリッチだから、お金なら払うんでリスクは引き受けてよ』と他国に頼むのは合理的なのかもしれない。


ただ、これができるのはリッチな国だけなので、日本は必死にそれを維持しなければならないんだよね。


つまり、脱原発を目指すなら経済成長を追い求めなければならない。企業に外貨を稼いでもらわないと他国にリスクを引き受けてもらう対価を払えなくなるんだからさ。





脱原発を唱える人は大企業バッシングはやめといたほうがいいよ~ってお話。。。







ほなね~(⌒▽⌒)ノ☆





« 大学進学の目的とは? | トップページ | 身近な幸せを大切にしましょう♪ »

★バックナンバーすべて★」カテゴリの記事

☆経済・社会・政治のはなし☆」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウィジェット

  • twitter
無料ブログはココログ