« 論理と感情はどうやって擦り合わせるの? | トップページ | 相関関係と因果関係。。。 »

2012年7月19日 (木)

多数決が機能するためには正しい知識の普及が不可欠。。。




今の日本は民主主義。多数決で物事が決まっていく。

でも、多数決で決まっていく物事は、さて正しい方向に向かっているだろうか?



多数決では、当たり前だけれど数の多い方が勝つ。

さて、では一つの物事に対して、正しく判断できる人と正しく判断できない人と、どちらが多数派だろう?


みんなが知っているような一般的な問題だと、正しく判断できる人の方が圧倒的に多数だろう。だから、こういったタイプの問題は多数決で十分に正しい方向へと進んでいく。

他方、その方面に関して深く知っていないとわからないような専門的な問題だと、正しく判断できる人よりもできない人の方が多数になるだろう。この場合には、結論は人々の印象に左右されやすくなり、正しくない方へ進む可能性が高くなる。これでは多数決は正しく機能しない。

そして、現在起こっている原発、消費税など種々の問題は後者にあたる。



これら後者で生じる問題を克服するには、参加者(国民)全員への正しく深い知識の普及が必要だ。しかし、現実問題として全ての人がすべての知識を得るのは不可能だということはすぐにわかる。

よって、そういった問題では現在の多数決では判断を誤る結果となる。民主主義の敗北だ。


だから、この問題を解決するためには、専門的知識の必要な問題では専門家だけを集めて多数決をとるか、もう最初から多数決をやめるかしないといけない。

ま、そうなると陰謀論が出てきたりして面倒くさいことにもなるんだけどね。



正しい知識を持った人が少数派になってしまうような問題における多数決は【衆愚】の温床になる。

ある物事に対して賛成や反対の意思表示をしたいときには、是非その前に十分な知識を得た方がいい。【衆愚】の片棒を担ぐなんて殆どの人たちは嫌だろうからね。

逆に、何かの問題で自分の意見を多数派に持っていきたい人は、正論(だと思っていること)をただ押し通すんじゃなくて、好印象を得るための印象操作に力点を置いた方がずっと効率がいいよ〜ん。ってお話。。。




ほじゃ、またの〜( ̄ー ̄)ノ☆








« 論理と感情はどうやって擦り合わせるの? | トップページ | 相関関係と因果関係。。。 »

★バックナンバーすべて★」カテゴリの記事

☆経済・社会・政治のはなし☆」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ウィジェット

  • twitter
無料ブログはココログ